5Gって本当に危険なの?

5Gって本当に危険なの?

ブログ1

こんにちは、シノケンです。

今回のテーマは次の通りです

✔︎5Gって本当に危険なの?

—————————————————————————

  • その1 5Gは戦争の兵器で使用されていた
  • その2 5Gは人に危害を与える周波数です
  • その3 電磁波こそが本当はコロナなのです

—————————————————————————

前半は、5Gの危険性についてのお話です。後半は電磁波こそが5Gという真実に迫ります。

  • その1 5Gは戦争の兵器で使用されていた

5Gの基地局技師の暴露動画がアメリカでは話題になっています。5Gは元々、中国製のレーザ兵器で戦争時において壁の先に隠れて銃が届かない敵を殺害するために使われていた電磁波なのです。

元々コロナは最初、中国の武漢でスタートしたというのは周知の事実です。2019年12月のことでした。では武漢でコロナ発生した1ヶ月前になにが起きていたのでしょうか、それは5Gの正式スタートだったのです。

l5Gの危険性を理解せずにコロナは理解できません

元イギリス海軍隊員のバリートラワーさんの証言によると、5Gは放射性物質を出すマイクロ波だということです。つまり目に見えないステルス兵器なのです。

管理者たちはこれまでも核兵器反対やワクチンのデモなどがあれば、デモ隊に対して静かにこの兵器を使ってきました。事実、オーストラリアのワクチン反対デモに参加した人が、火傷の症状を訴えた証言動画もあるほどです。

  • その2 5Gは人に危害を与える周波数です
  • 5G = コロナ
  • コロナ = 5G

アメリカ政府下の機関である国立衛生研究所NIHはコロナと5Gとその関係において科学的にすでに関係があると発表をしています。これは陰謀論ではなく政府が認めてる事実なのです。

ウイルスはすでに存在しないと証明したのはアーサーファーステンバーグさんです。彼は透明の虹という本において様々な電磁波被害の証言を記録しています。つまりウイルスは電磁波であるということを本を通じて証言を集めて解明しているのです。

そうなると、このコロナが存在しないと言う主張も納得できます。しかし時々、確かに感染していて重症化している人がいるのも事実です。つまり電波が原因と考えたら、感染したりしなかったりするわけです。なぜなら5Gはまだすべてのエリアで始まっているわけではなく一部のみスタートしているからです。だから感染の一部なのです。

L5Gからいかに自分の身を守るか

5Gになると便利な世の中になるなんてとんでもないことです。5Gは、4Gからのアップグレードではありません。通信の強度が100倍は上昇すると言われています。全く別の次元の電波なのです。4Gまでだと通常人間の肌で電波をはじくことが可能ですが、5Gは血の中まで電波が入るからです。

5GになるとAI同士の通信を可能にして、あらゆるものがネットにつなががります。これをインターネットオブシングスと言います。人間の物のてひとつとしてIOTになるわけです。

ワクチンにはナノ粒子である酸化グラフェンが入っています。これはすでにスペインのドクターたちによって証明されています。

グラフェンにはアルミ成分があり、このアルミが5Gと反応して人間を電気を送ることが可能になります。

つまりこれがシェディングの作用になります。シェディングとは、ワクチン未接種者が、ワクチン接種者から受ける影響のことです。これはワクチンを打った人がワクチンの成分のグラフェンがアンテナとなり、人間が基地局になることで、その電磁波影響を周辺の人に与えるという仕組みなのです。

この5Gの影響はどのくらいの強度なのでしょうか。それは日焼けをぬらないまま日向で日焼けをしていると同じ状態になります。つまりそのまま放置しておけば皮膚癌にもなるわけです。またマイクロ波は目にも悪い影響を与えます、ワクチンのネズミ実験では混濁を引き起こした実験結果もあります。つまり白内障になる可能性も含んでいるわけです。

  • その3 電磁波こそが本当はコロナなのです

5Gはどんな人体に影響があるのでしょうか。一番多いのは心臓病、免疫の破壊、ガンなどにもなると予想されています。すでにこの5Gの問題に気づいた国もあります。それはベルギー、イタリア、スイス、アメリカの一部は禁止にしようとしてる動きがあるからです。

しかし日本ではこの5Gは陰謀として扱われて全く相手にさらず着々と進んでいます。それではもうどうしようもないのでしょうか。いいえ、自分でできる対策はあります。

まずは徹底してスマホなどの5Gを発信する機器から体を離すことからはじめてください。よく街で見かけるのではスマホをお尻のズボンのポケットにそのまま入れてる人の姿です、さらに胸のポケットにいれたりしてる人たちもいます。

まずすぐできるのはこれをやめることです。それで体への負担の影響を減らすことができます。スマホはカバンの中にいれて体に密着させないことで、体から電話で離すことが可能です。そして重要なのは有線のイアフォン使うことも重要です。これだけでガンの可能性を減らすことができるわけです。

多くのガン患者は耳の近くで発見されているのはこのスマホが原因だと言われています。

エアポッズなど無線のイアフォンはもっとも5Gの影響を体に与えます。あれはマイクロ周波数を出しています。

インターネットも、もし可能ならば無線ではなく有線に変えることができればそれも重要なリスクヘッジになります。それができない場合は

市販で売ってる電磁波ブロッカーをWIFIのルーターにつけたり、スマホにはったりしたり、電磁波ペンダントをつけたり、電磁波バンドなどでの対策も有効です。

日本の総務省の発表によると、スマホの電波は人体には影響はないと言ってますが、果たしてそれは本当でしょうか。報道の自由のない日本の政府の情報が果たして信頼性があるのでしょうか。

なぜベルギーでは国民をモルモットにするなと5Gを見送るようにしてるのでしょうか。それをきちんと見ないといけません。

正しい情報を選択して、情報で自分の命を守ることが大切な時代なのです。

Related Contents
関連動画
シノケン談話5Gって本当に危険なの?