【AIの普及で未来に起きる3つの危険な出来事とは?】

【AIの普及で未来に起きる3つの危険な出来事とは?】

最近の至るところで、AIによるビッグデータの活用の
話を聞きますよね。

1つ目の危険性は人減らしです。
ファミレスで食事を運ぶロボット、自動化したスーパーのレジ
いたるところでAIが活躍をして便利な社会が訪れた予感が
します。

しかし一方、それは単純作業がAIに奪われる時代へと
突入した現れでもあります。便利さは、人を減らしても対応
できるために準備されたプロジェクトだということです。

そうなると失業者はますます増えて貧富の差もさらに
増えてAIに仕事を奪われた人があふれて失業保険も
出せない時代へと突入する恐れがあるのです。

2つ目の危険性は人がAIに難しい判断を委ねる危険性です。実はバイデン大統領は
もともと飾りなので、すべてAIが指示決定をしている
という噂も絶えません。

アップル社の開発したSIRIがそうです。とても便利ですが、
そのうちなんでもかんでもSIRIにお尋ねしないといけなくなり

自分で決定する項目を徐々に減らしていってしまう危険性が
あるのです。

事実、地図はほとんどの方がもう覚えていません、グーグルマップ
頼りですよね。

もしこれが明日から使えなくなると困る
人がたくさんいます。

もしスマホがないと相手の連絡先を一切覚えていない人も
たくさんいます。
つまり、すでに人は知らないうちにAIに依存をして
尻(SIRI)に敷かれてしまっているのです。。。
(アメリカンジョークです)

最後の3つ目の危険性は、AIが発達していくことで
知能が人間を超えて、逆に最後はAIが人を支配をしようと
考えることです。

これはマトリックスやターミネイターがまさにその
映画となります。
人間を超えたAIが暴走する社会を描いています。
トランセンデンスもまさにこれです。

これからはAIという他人軸に依存するのではなく、
自分の心や頭や記憶をつかいきちんと生活できる
能力を日々磨いていかないといけません。

そのためにもまずは1日数時間でも脱スマホの時間を
作って散歩をして記憶を強化する時間を
ぜひ作ってください。それがみなさんの未来を
救うことにもなるでしょう。

Related Contents
関連動画
シノケン談話【AIの普及で未来に起きる3つの危険な出来事とは?】