【金保証制度について】

【金保証制度について】

チャーリーワードさんに金本位制について聞いたところ

これから起きるのは金本位ではなく、金保証だと教えて
くれました。

これはディープステートが作る自分勝手な金の
価値ではなく昔の金の価値になるそうです。

円とドルのレートの正当な調整がされる可能性も指摘しました

これまで日本はアメリカドルの国債を買わされ
返済されることのない借金を負わされてきました

アメリカ国債保有率がトップが日本なのです。

その借金がいよいよ解消されるというのが
このレート変動というわけです。

今回、チャーリーさんから聞いた衝撃の事実は
日本の中共よりの政府はすでに崩壊していて

金保証制度に移行したということです。

さらに来年初旬に日本円とアメリカドルのレートが
正常なものに改善され1円=50ドルになるそうです。

現在は、1円は0.0075ドルです。

これが起きるとアメリカの円保有者によるアメリカの
爆買いがはじまります。

金額が安定してるアメリカ不動産が
大変ことになると予想されます。

これが起きたら日本の富裕層の間がこぞって
金の購入とアメリカの現物買いはじまります。

しかし実際にそれがおきたら日本の銀行は
果たして円を米ドルに変換することができるでしょうか

私の答えはノーです。

銀行はアメリカドルの変換ルートと封鎖することが
予想されます。

国民の皆さんがアメリカ買いに走るからです。

するとどういうルートが残るのでしょうか。

その具体的な方法についてはオンライン
サロンメンバー限定ズーム会議でお話をしたいと思います。

ぜひこれを機会にオンラインサロンにご加入
いただけたら幸いです。

Related Contents
関連動画
シノケン談話【金保証制度について】