【トランスヒューマニズム計画について】

【トランスヒューマニズム計画について】

皆さんはこのトランスヒューマンという
言葉を聞いたことがありますでしょうか。

これは新しい科学技術を使って人間の身体と認知能力を
進化させて人間を別の次元の生きものに改造する
思想なのです。

このトランスヒューマン計画の先駆者はニックボストロム
と言います。

彼はビルダーバーグの会議メンバーでもあります。彼の
目標は不老不死の人間を作ることです。

さらにワクチンこそが、その改造の第一歩だと
発言をしています。

これはmRNAワクチンを開発したロバートマローン博士も
同様の発言をしています。

ワクチン改造プロジェクトは人間が神になろうとしている
非常に危険な計画なのです。

彼らの目的は脳とコンピューターをつなげることで
家事をしながらでも、同時に脳では別の仕事をさせるような
奴隷システムを作ることを目的としています。

そして実は本当の狙いはワクチンという液体を使い
ノアの大洪水を人工的に起こすことなのです。

洪水被害の結果、彼らだけの方舟を作り、新しい世界を切り開くことで
超エリートとして、この星の王様になりたいのです。

その世界では自分たち以外は指示だけで動くロボットの
奴隷社会となります。

現在、セルン(CERN)というグループは高エネルギーの実験を
してブラックホールを作ろうとしています。

彼らはインターネットを開発したグループです。
ロゴは666という形になっていますので
ネットでサーチしてみてください。

このセルンも彼らワクチン接種したい人たちと同じグループです。
このエネルギー周波を使ってAIの人間たちを連動させるように
したいわけです。

つまり、地球規模で高エネルギーを配信して、それを全員に
伝達して届けたいのです。

インターネットでよく使うWWW.は666を意味します。
これはヘブライ語の文字数字に置き換えるとWが6と同じなのです。

つまりすべてはアシュケナージ系ユダヤ人の選民思想の
プロジェクトだということがわかるかと思います。

これは決して光のプロジェクトではありません。
それを勘違いすると、とんでもない目にあいますので
ご注意ください。

そして日本人は彼らと同じ系譜にいて、別の存在でもあります。
つまり私たちは彼らの兄弟であるスファラディ系ユダヤと同種の存在だと言われています。

彼らと同じ流れを持つ人類だからこそ日本人はこのAI改造
プロジェクトで生き残るべくそのスペックを持っている
ということにもなります。

私のシノケンワールドの本当の目的は、このスペックを持つ
人類を日本人の中から見つけだし、未来の人間として
生き残すことであります。

それについてはもっと深いレベルのお話になりますので
詳しいことはもっと時間をかけてお話していきましょう。

まずはその入り口について11日のセミナーで
お話したいと思いますのでご興味ある方は
ご参加ください。

Related Contents
関連動画
シノケン談話【トランスヒューマニズム計画について】