「COVID-19の本当の名前の由来とは?」

「COVID-19の本当の名前の由来とは?」

皆さんはこのCOVID-19の本当の意味をご存知でしょうか。
もちろん真実は誰にもわかりませんが、アメリカでは
以下の説が最も有力と思われています。

C – Certification  = 認証
O –  Of                  = の
V –  Vaccination    = ワクチン接種
ID –  Identification  = 身分証明書
19  –  AI エーアイ人工知能 アルファベットの順番
 A は1番目、i は9 番目

つまりコビッドになったというのは、ウイルスに
感染した人のことではなく

ワクチンを接種してコード番号で管理されている人間の
ことを言うのです。

最近、友人にとんでもないアプリを紹介してもらいました
それはワクチン接種者がすべて番号のコードで
確認できるアプリでした。

接種者は3つのカテゴリーに分類されていてそれがすぐアプリで
わかるものでした。実際にテストをしたところ以下の
情報が表示されることがわかりました。

1、赤い数字の人はマイクロチップ入りの人
2、緑の数字の人が政府監視対象の人(COCOAアプリ)
3、黒の数字の人は1でも2でもないけど番号がふられてる人

つまり、ワクチンを接種したらチップありなしにかかわらず
コード番号で管理をされていることがわかりました。

このアプリは体内に注入された超極微の不可視のチップからの
信号を読み取るものなのです。

微弱なので精度はまだまだ不安定なものの
確実に信号を読み取っているのでこれはとんでもない
存在になりそうです。

ここで肝心なことは、この番号はひとりひとり個人的に
分離されてるわけではないということです。

つまりメールアドレスの送信先は全員同じなのです。

これはワールドエコノミックフォーラムのユヴァル・ノア・ハラリが
同じことを明確に発言しています

今後は脳はひとつになる、もう自由意思はなくなります。
スーパーで何を買うか、そんなことを考えることさえ
できなくなるんだ。

つまり選挙でも好きな政治なんて選べなくなる。
何も決断しなくていい、何も所有しなくていい。

人間はものとして存在するだけになる。

ユヴァル・ノア・ハラリはこの後の未来の世の中をみたときに
この瞬間は歴史的な瞬間ですべての世界がデジタルに移行した
と言えることになると言っているのです。

ワクチン接種をすれば自分の自由意思を放棄する
ことになるのを決して忘れてはいけません。

打ってる人が大丈夫そうだから自分も打とうなんて
考えるのは非常に危険な考えです。

これは人間としての権利を放棄する注射なのです。
彼らワクチンを作ってる人たちが明確に言っています
それを見逃してはいけません。

このチップを作ったのはアップルコンピューターです。
彼らこそがディーエスの中枢にいる証拠です。

Related Contents
関連動画
3
世界の裏ワンポイントレッスン「COVID-19の本当の名前の由来とは?」