初めまして。

初めまして。

  • このトピックには2件の返信、3人の参加者があり、最後にrieにより4ヶ月、 2週前に更新されました。
  • 違反報告
    No.287322
    悦ちゃん
    参加者
            

    初めまして。
    オーストラリア、パース在住のケイル悦代(ニックネーム:悦ちゃん)と申します。
    シノケンさんの動画ファンでこのサロンを楽しみにしておりました。

    昨年半ば過ぎ当たりから今年半ば近くまでいろいろとありました。
    私たち家族が住むWestern Australiaでは強制ワクチンが実施され、私は打つことを拒否したので停職させられました。高校でSpecial needs のEducation assistantの仕事をしていましたが、接種3回が義務となっていました。主人は家族が食べていくためいやいや仕方なく2回受けました。上の息子も無理やり仕事をやめさせられました。強制接種がない日本に何度帰ろうと思ったことか。再就職をするにも接種を受けてないので(職種の75%は接種必須)仕事をみつけるのは大変です。昨年一緒にStood down した同僚は仕事がなかなかみつからず、ストレスで体重が10Kg以上落ち、持病も再発してしまいます。私の上司である校長も私の停職期間の延長はもう無理、私もこのままでは解雇されてしまう、主人も3回はもう打ちたくないので、残された道はコロナにかかってExemption(接種免税)もらうしかないという決断にいたり(コロナ感染には全然恐れていませんでした)、コロナにかかっている友人知人を探し、何度か彼ら宅に足を運び、やっと私たち家族5人コロナにかかることができました(笑)Department of Education(文部省)からも脅しの連絡も入り、もう少しで解雇される一歩手前でした。昨年から志しを共有する集会に参加したり、毎週の接種強要反対のプロテスト運動にも友人知人たちと一緒に参加し、町を練り歩きました。今年6月に入ってから規制が緩和され、職場の復帰が許されました。でも看護師である友人たちはまだ職場に戻ることは許されてません。先週東側のQueenslandでも接種受けてない学校の先生たちの職場復帰が許されましたが、接種義務に従わなかった罰ということで、4か月間(18週間)の減給になりました。学校の先生のSocial Credit Systemが始まったようです。自由だったオーストラリアでこんなことが起こったなんて今でも信じられません。とうとうオーストラリアも全体主義の入り口に入ってしました。

    皆さんとサロンを通して繋がれること楽しみにしてます。よろしくお願いします。
    シノケンさんとも日本に帰国した際にはセミナーでお会いしたいです。

  • 違反報告
    1
    古狸
    参加者

    悦代様、はじめまして。
    パリ在住の潤子と申します。自己紹介版では古狸というネームで入っています。
    オーストラリアの状況、気になっていました。まだまだ大変な状況ですね。フランスも職種によってワク義務化となり、該当している人は現在も停職中です。停職中は給与が支払われず、しかも解雇しない(解雇すれば失業保険の対象となるため)という扱いで追い込むという嫌らしいやり方が続いています。また、9月からある町の中学校で、生徒の健康管理という名目で、オンラインに接続されたブレスレットを配るんだそうです。ワクパスはいったん停止になりましたが、今後はカーボンパスの計画がでてきました。
    フランスも自由、平等の国というイメージがあったのですが、あっけなく全体主義化しているなあという感じです。

    独立メディアなどで、オーストラリアのデモの様子をみて、多くの人が頑張っていらっしゃることに希望を感じました。そちらでも事態が少しは好転することを願っています。

    返信
    違反報告
    2
    rie
    参加者

    悦ちゃんさん、古狸さん、こんにちは。
    オーストラリアやヨーロッパの過激さをYouTubeで見て、驚きと同時に一日も早く自由な生活を!と願っていましたが…すさまですね、あらためて感じました。

    返信
2件の返信を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
初めまして。