「エクス・マキナ」

「エクス・マキナ」

映画1000本ノック今回ご紹介するのは、「エクス・マキナ」です。

これは世界初の実用レベルAI =人工知能の実験を行う世界最大手の検索エンジンの
創業者の社長に、個人的に手を貸すことに
なった、とあるプログラマーのお話の映画ですが、すでに見たことはありますか?

この映画のポイントは、「AIと人間との心の境界線について」です。

この映画で学んだことは「AIが進化をすると人間のアイデンティが喪失する危機になる」
ということです。

主演はドーナル・グリーソンとアリシア・ヴィキャンデルです。

現在、リアルにワクチンで実験を進めているのは人間をAIにする試みです。
この映画はAIが合理的ではない判断をするかどうかを見極める
というのがテーマなのです。

この検索エンジン会社はグーグルとアップルを合体したような
イメージで描かれています。

現在、彼らは人間をAIにすることを望んでいます。それは
機械では能力に限界があるからです。

つまりこれは絵空事ではなく、すでに現実の世界でスタートしている
話だとしてみると、いかに進化したAIが怖い存在かがわかるかと
思います。

それはつまり人間そのものがAIになるからです。
そうしたビジョンでこの映画をみていただいたら

これから発生する問題そして乗り越えるべき対策も
妄想できることでしょう。

ぜひお時間あればみてください。

アマゾンのリンク
https://www.amazon.co.jp/エクス・マキナ-字幕版-ドーナル・グリーソン/dp/B01KT7J9UK

Related Contents
関連動画
映画1000本ノック「エクス・マキナ」